UDC 2日目

UDC2日目です☆
今日から授業が始まりました!

1時間半の授業が1日に3回あります。
今日はFlo、Dennis、Toddの授業でした。
私はAクラスと言われていたのですが、スタッフさんが私の好みに授業をミックスしてくれました( ´ ▽ ` )
なので、Floの授業が沢山です(o^^o)

Floの授業では彼の超絶テクニックを見てみんな固まっていました。笑
私もその中の一人です。笑
今までFloのような超絶デスメタルを叩くドラマーを間近で見たことがなかったので、すごく嬉しくて、感激です!
その気持ちをそのまま言葉にして彼に伝えられないのが残念です(>___<)

Toddの授業はFloの次にかなり楽しみにしていました!
めちゃめちゃかっこ良かったです!
言葉はわからないけど、身振り手振りとプレイでだいたいどんな事を話しているのかわかりました☆
グリップとアクセント、パラディドルを応用したフィル等の内容だったかと思います。
彼にも『すごくファンです!』って話したかったのですが、緊張して挨拶しかできませんでした(T_T)
次の授業では絶対話そう!
聞いてみたいことも沢山あるし!
こんなときのために用意してきた辞書をひいて言葉を考えておこう。笑

カナダでの食事は、毎食レストランでみんなで食べています。
毎日お肉とポテトのループで、そろそろお米とお味噌汁が恋しくなってきました(^_^;)

私は肉を控えて野菜を沢山盛ってもらっていますが、他の人達は朝からめちゃめちゃお肉を食べています!笑
毎回かなりの量でお腹があまり減らないので、今朝も昨晩もオレンジジュースだけで済ませてしまいました(^_^;)
でもホテルに戻ってからお菓子食べたけど♪
日本で友達からもらったカントリーマアム(^-^)
日本スイーツ最高!笑
ちょっとホームシックになってきたので、日本のお菓子を食べて寂しさを紛らしています。笑

ふみえ☆

UDC 初日!

今日はUDC初日でした。
初日は夕方に生徒達が会場に集まり、みんなで食事をしてからバスで移動して、レストランのようなところで講師の演奏を見て楽しみました。

今日はトッドとジョバンニです♪

日本でトッドを知ってからファンになりましたが、生演奏はとてつもなく凄かったです!!
終始目を離せなくて、あまり写真が撮れませんでした(´Д` )

その後、お客様からの大歓声の中、ジョバンニのコンガソロが始まりました!

最後にはオラシオとのセッションでした♪
ライブ会場で、ジョバンニがずっと私のほうを見てニコニコして手を振ってくれて、沢山いる生徒の中から私のところにきて挨拶してくれてビックリしました!
日本語も少し話してくれました♪
ジョバンニにコンガ教えてもらえるのかな( ´ ▽ ` )ドキドキ

ライブが終わって帰ってきたのが夜の11時くらいでした。
初日からすごいプレイを間近で見て興奮しています!笑

明日から遂にレッスンが始まるー!
レベルごとにA、B、Cとクラスが別れているんだけど、私はAクラスだそうです。!(◎_◎;)
他の生徒のレベルはわからないけど、大丈夫かしら私…笑。
まぁ、そんなこと気にせずに自分なりに精一杯頑張ります!

やっぱりフランス語を話す人が多くて、私だけずっと会話に入れず孤立していたんだけど、優しい少年(多分中学生くらい)がチラチラ私を見て気にしてくれて、夜のライブに行くまでの車内で『一緒にジャムろうよ!』ってスティックを渡してくれました( ´ ▽ ` )
すごく嬉しかったです♪
私に話すときだけ簡単な英語で話してくれています♪
講師の皆さんやスタッフさん、生徒、みんなすごく優しいです。
Japanese Noteというものを作って話してくれるスタッフさんもいます。
沢山の人の優しさに感謝の気持ちでいっぱいです!

明日も頑張るぞ~o(^▽^)o

ふみえ☆

到着!

日本時間の13日早朝に日本を出発して、成田、シカゴと乗り継ぎ、無事モントリオールに着きました!

現地に着くと、皆さんすごく歓迎してくれました☆
なんと、空港までFlo Mounierが迎えに来てくれて、会場までの車中で沢山話しました(^-^)
Floをはじめ、スタッフの皆さんも本当に素晴らしい人達ばかりです。
そして皆さんドラムが上手でびっくり!
FloとPearl カナダのスタッフのRedge Adolphと一緒に一枚 (^-^)/

Redgeもめちゃめちゃドラムが上手くて、優しくて面白い人です♪ 世界的に有名なドラムテクニシャンでもあります。

今は明日から始まるUltimate Drum Campの準備中です!

ふみえ☆

いってきます!

只今成田空港に到着しました!


これからシカゴに向かいます( ̄^ ̄)ゞ

いよいよだ!o(^▽^)o

ふみえ☆

『A DRUMMER’S DREAM』

皆さんこんにちは〜☆
明後日、遂にカナダに向けて出発します( ´ ▽ ` )ノ
ただ今荷造りをしてるところです。
スーツケースも結構な重さになってきました(・Θ・;)

出発前、私はある1本のDVDを見ました。

A DRUMMER’S DREAM

アジア最大の映画の祭典である東京国際映画祭、NATURAL TIFF部門で上映された作品です。
監督は、カナダで活躍している JOHN WALKER。
この『A DRUMMER’S DREAM』はなんとUltimate Drum Campの原型になった作品です。
大きな湖畔に置かれたドラムセット。
世界が誇る7人のトッププレイヤーが集結し、世界各地から集まった生徒達が数日間に渡り、究極のドラムワークショップを受けます。

出演アーティストは以下の7人です。

Dennis Chambers
Giovanni Hidalgo
Horacio Hernandez
Nasyr Abdul AI-Khabyyr
Mike Mangini
Kenwood Dennard
Raul Rekow

かなり面白かったです!
85分とそんなに長くはないのですが見応えがありました♪
ドラマーでなくても楽しめる作品だと思います☆
自分がUDCにこれから参加することも想像しながら見ていました。
生徒達のキラキラした眼差しがとても良かったです。
YouTubeにショートムービーですが動画がありますのでご紹介しますね!

UDC前にこの作品を見たことで、気持ちが更に高鳴ります!☆
皆さん是非、『A DRUMMER’S DREAM』も合わせてチェックしてみてください!
音楽を本当に心から楽しんでいる彼らを見ると、とても新鮮な気持ちになります。

ふみえ☆

Giovanni Hidalgo

皆さんこんにちは~☆
今日も講師陣のご紹介をしますね♪
パーカッショニストの『Giovanni Hidalgo(ジョバンニ・イダルゴ)』です☆

まずは彼の超絶演奏をご覧ください♪

私はこの動画を見て、コンガという楽器のイメージがかなり変わりました。。
凄すぎて。。。
たった3つの太鼓、二つの手でこんな演奏ができてしまうってすごい。。。
コンガもドラムと一緒で叩き方や音の出し方や色々奏法があるのだと思うけど、手のひらだけでなく指も使って音を出しているんですね。
手がパンパンになりそう(・Θ・;)。。

前回ご紹介したラウルとのジャムセッションの映像です♪

そして、オラシオとのジャムの映像もご覧ください♪
こちらもすごいことになっていますよ~!(笑)

素晴らしい~!☆
これで7人の講師全員をご紹介しました。
Ultimate Drum Campの講師陣は本当に『Ultimate』という名にふさわしい人ばかりです。
ブログで何度かに渡って講師陣を紹介させていただきましたが、本当に毎回楽しみで楽しみで、UDCまでカウントダウンをしていました。(笑)
もうすぐです!あと3日!
初めての土地で初めてだらけの環境で、どれだけのものを得て来れるかな。
本当に楽しみで仕方がないです!

皆さん、私の現地での様子も絶対絶対チェックですよ☆

ふみえ☆

Karl Perazzo & Raul Rekow

みなさんこんにちは☆
UDCまであと1週間になりました(*>▽<*)
もうすぐだよ~!!☆
ドキドキワクワクo(^▽^)o

今日も引き続き、UDCの素晴らしい講師陣を紹介します。

Santnaのパーカッショニスト、Karl Perazzo(カール・ペラッゾ)とRaul Rekow(ラウル・リコウ)のお二人です。

まずは2011年のSantanaの映像をご覧ください。
毎回毎回言っていますが、このお二方もすごいですよ〜♪

かっこいい〜!☆
演奏は途中で終わっていますが、最初のデニチェン、カール、ラウルの入りがヤバかっこいいです( ´ ▽ ` )!!
これはみんなノリノリですね♪
私はパーカッションはやったことがないのですが、とても興味ありです!!
買って練習しようかと思ったこともありました♪
楽器屋さんで試奏して満足しちゃったのですが。。。(笑)

こちらはカールとラウルのお二人の演奏動画です。

最初にコンガを叩いているのがラウルで、ティンバレスを叩いているのがカールです。
ティンバレスもドラムと一緒で叩くのは皮だけじゃないんですね。
パーカッショニストだけど、きっとドラムもすごく上手なんだろうなぁ。。
個人的 にはコンガに興味ありです♪
なんといっても、コンガの音が好きだからです( ´ ▽ ` )
すごく楽しそうに叩いているけど難しそう。

UDCでは主にドラムを専攻していますが、パーカッションも良い機会だからやってみたいです♪
UDCの講師陣は世界で活躍しているトッププレイヤーばかりなので、沢山色んなことを学んできたいと思います!
楽しみだ〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ふみえ☆

スティック

皆さんこんにちは☆
今日は、UDCに持って行く荷物で欠かせないアイテム、スティックについてお話しますo(^▽^)o

私がよく使っているスティックはこちらの5種類です。

20120805-121459.jpg

左からDave Weckl Signature モデル 品番はVIC-DW2
Dave Weckl Signature モデル 品番はVIC-DW
Vic Firth 7A 品番はVic-7A
Vic Firth 5A 品番はVic-5A
Vic Firth 5B 品番はVic-5B

全てVic Firthです♪
Vic Firth LOVEだからねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

今メインで使っているのは5Aで、ナイロンチップのものもよく使います。
(手持ちのナイロンチップが品切れのため画像はなしです(笑)
1年半くらい前まではずっと5Bを使っていましたよ♪
YouTubeで使っているのものはだいたい5Bか5Aです。
5Bは太くて重たいのですごくHeavyな音が出て良いんですが、それだけに頼ってしまう悪い癖があるので、5Bより少し細くて軽い5Aを今はメインにしています。
よくアーティストの方に『こんな太いスティック使ってるのか!!』って言われたなぁ。(笑)

7Aは多分私の手の大きさに一番合っている太さと長さです。
スティックコントロールもとてもし易くてイイネ!
でもやっぱりメタルを叩くってときに物足りなくなってしまいます。。
POPSや16系の曲ではよく使います。

Dave Wecklのシグネチャーはすごくお気に入りです♪
どちらかというとVIC-DWのほうが好き♪
すごく手に馴染むのでパッドを叩くときはだいたいこれを使っています。
長さはちょっと長めだけど、すごく使い易いです。

私はいつも一度にスティックを大量に購入していますが、その度に1本1本重さを計ります。
スティックの下(?)に書いてる数字を見て『この数字は何?』とよく聞かれますが、重さです(笑)
重さを計るってみんなやっているものだと思ってたけど、そうでもないのかな(>_<)
こうしていると、左右少し重さが違うだけでわかるようになります(笑)
あまり役に立たない特技ですね。。(笑)

ふみえ☆

旅の準備

皆さんこんにちは☆
今日はちょっと話題を変えて、旅の準備のお話をしたいと思います♪

今回のUDCが私にとっては初めての海外旅行になります。
北海道からも殆ど出たことがないのに、いきなり海外です。(笑)
ということでまずはパスポート発行から。
航空券等を手配して、必要な手続きをして 、、、わからないことだらけだからあっという間に時間が過ぎていきます(;´▽`A`
丸一日調べものをして終わっちゃう日も多々。。(>_<)
今回はアメリカで乗り継ぎがあるので、空港内もあらかじめチェック φ(.. ) メモメモ

海外旅行でだいたいの人が不安になるのが言葉ですよね。
私もそのうちの一人です(笑)
ちょっと前から英会話は始めていたものの、やはり短期間ではそれなりのことしか吸収できません(;´▽`A`
でもカナダに行くと決まってからはレッスンの回数も増やして、先生にもそれなりの内容のことを教えてもらっています♪
学生の頃のように毎日何時間も勉強するというのはなかなか難しいので、こまめに時間を作って勉強しています。
朝の30分、仕事に出る前の10分、お昼の休憩時間、全てが終わって寝る前の1時間。
こうしていると一日が本当にあっという間で、時間を無駄にすることがありません。
とても充実した毎日です☆

そうそう、海外用のスーツケースを買ったのですが、それなりに大きいものにしました。
重量もなるべく軽いものを選んだのですが、鏡の前でスーツケースと並んで見てみるとかなり大きいです。(笑)
高さが74cmくらいだったかな?
丁度、私の半分だ♪(笑)
衣類や生活用品は必要最低限しか持っていかないので、そこまで重たくはならないでしょう。。多分。。。

必要なものはだいたい揃えたので、あとは身支度だけです。
そして、ドラムの練習ですo(^▽^)o

忘れ物しないように忘れ物チェック表作らなきゃ♪(笑)

ふみえ☆

Horacio Hernandez

皆さんこんにちは~☆
今日は『Horacio Hernandez(オラシオ・エルナンデス)』をご紹介します♪

まずは彼のプレイ動画をご覧下さい♪

終始複雑なラテンなリズムを繰り広げていますね。
そもそもラテンと感じるのは何故でしょう。
それは左足のクラーベにあります。
左足のクラーベで一定のリズムを刻みながら、他の右手右足左手で自由自在にその場に応じてリズムを展開していくという超絶プレイです。

彼はキューバで生まれ、小さい頃から色々な楽器に触れて育ったそうです。
そしてお父さんがピアニストで祖父がコンガプレイヤー。
彼のドラミングを見た後に知ると 、『なるほど。』と感じますね。

私はこういうラテンなリズムに挑戦したことがあまりないので、スゴイスゴイ!と色々見入ってしまいました。

クラーベが入ると一気に世界が変わりますね。
私も挑戦してみようかな。。。(笑)
何度かやってみたことはあるけど、単純なリズムなら案外すんなりできたりします。
でもそれはやっぱり頭の中で計算して叩いているんですよね。
こんな超絶プレイをするには左足がこうでここにはこの音が入って。。なんて計算していないですよね(笑)
完全に左足は孤立してて、他は自由自 在!という感じでしょうか。
やっぱりすごいなぁ~。
見て聴けば聴くほど不思議な世界に引き込まれて行きます。。。

UDCの講師陣には様々なタイプの超絶プレイヤーが勢揃いです。
講師陣を知れば知るほど楽しみになる気持ちと、なんだかどこか恐ろしくなってきました(笑)

ふみえ☆